農業への思い

農業を始めたきっかけ

食をつくる事との出会い

始まりは家庭菜園

食を生み出す嬉しさ楽しさ感動

土いじりは全く興味がなかったが
自分で育てた野菜に興味を持った
植物の生きる強さや変化
素人でも食が生み出せる喜び楽しさ
収穫した野菜を食べ
みずみずしくて
味や風味を一番感じた瞬間
とても感動した

野菜を育てる楽しさや
収穫できた時の嬉しさ
食を自分の手で育て作れるよろこび

いほり
この感動を知ってもらいたい!

自ら伝えていっちゃおう!
という事で農業を開始しました!

何も知らないことだらけ

農業のことは何も分からなかったので
とりあえず、農業大学校だ!と
思いつき短期講習を受けにいく

初歩の初歩を学びながら
畑を探したり
近所の畑の写真をこっそり撮り
技術をため込んだり
そんな感じでスタート

どうしても農業やりたい

しかし!
畑がなかなか借りれない
そして
機械も、何もなく
全てがないない尽くしで始まった

でも、農業をやってる自分が想像できたので
諦めずに、ずーっと畑を探し回った

バイクに乗って
歩いている年配者に声をかけ
畑が空いていないかを聞きまくる日々

いほり
ただの怪しい女だったね〜

そしてはじめて畑が借りられたのが
女化(おなばけ)
人間諦めなければどうにかなるもんだ

またまた
ドタバタな日々の始まり

自然は偉大だった

変化する季節を全身で感じ
自然の大きさも感じ

台風や大雨
自然の強さやこわさを知り

ビニールも飛ばされるし
何がなんだかわからん

夏草の勢力も知り
冬の土や空気の冷たさを知り

売れる野菜を作るのは
一筋縄では行かず失敗の連続
初期投資もかなり必要
作りだす大変さを知った

身体で四季を感じる日々

でも
太陽の光を浴びて汗をかく
風の音や雨の音、鳥の鳴き声
冬の香りや春の香り

季節を感じる瞬間がとても多く
自然を身近に感じ
自然に生かされていると感じた
とても学びが多い日々

何より収穫できた野菜で
心が笑顔になる
あと小さなことで悩まなくなった

数年経った今も楽しい

種から芽がでて
育つ手伝いをして
食がうまれる
いつも新発見

食べて美味しいと言ってもらえたり
みんなと一緒に畑で笑ってイベントを行ったり
やっぱりすごく楽しくておもしろい

いほり
私の役目は笑顔をつくることかも

ありがとうの気持ち

自然を通し
たくさんの人たちに支えられ
私自身が大きく成長させてもらえた

本当にありがとう
この気持ちを忘れずに
自然や人に恩返しをしたいなぁー

いほり
と思っているいほりです

-農業への思い

© 2022 しかくいやさい